テクノクリエイティブ社員

  • “ああ、スゲーなこの会社”

     人材派遣会社を探していて、沢山ある求人広告をずっと検索して見つけたの会社の中のひとつがテクノクリエイティブでした。
     自分の出身である熊本ということと、いくつか面接を受けている際に実際に専務や部長とお会いしてお話を聞いて「ああ、スゲーなこの会社」と思えたのが入社を決めた大きな理由になっています。
     入社してからも上部の方々だけでなく、人柄がいい社員が多いと感じました。

    “進路に悩む子たちをサポートしたい気持ちから営業へ”

     前職は塾の講師で、高校生に英語を教えていましたが、どちらかというと進路指導がメインでした。
     進路指導をしていると「勉強を頑張って大学に行こう」とか「就職をしよう」とか考えている子が多い中で、不登校や障害を持っている生徒もいるのがわかったんですね。 その生徒たちは、親御さんたちと一緒になって勉強を頑張るのとは別の「次の進路をどうするのか?」という部分をご相談していてもゴールがみつからず、塾側からも進路をどうにか探してあげようにも就職先がありませんでした。
     そこで、就職先の立場からハンディキャップがあったりする子供たちに何かアプローチができないかなと思って、派遣や人事系の仕事を目指すようになりました。
     学生たちもアルバイトをすると見分が広がり、教育とは別の意味での人として成長していく、その変化を感じたのがきっかけです。

    “人をよりよく育てるために”

     前職でも営業に近いことは行ってましたので未経験からのスタートでも抵抗はなかったです。 人の管理という面では塾講師を行っていた頃の生徒の管理や塾への入会勧誘などとメカニズムは同じだと思っていたので、その辺を含めて人材系を探してました。
     今は「この人が仕事をして2年後3年後に今よりもよりよくなってるように」を自分のテーマにして仕事に取り組んでいます。
     上司が紹介する仕事でもなく、その人自身も思いもよらなかった仕事内容であっても、その人自身の将来も含めたライフスタイルに合った仕事を提供してあげようと心がけています。
     実際にそのように提供させて頂いた方が実際働いてみて「こういうこともあるんだ」「働いて良かったな」と満足感を感じて貰えて、3年後・5年後と繋げられた時は「いい仕事やってるなあ」と思いますね。

    “着実に成長している感触があります”

     入社して1年ですが、勉強することが多いんで、思い悩みながらもひとつずつ達成していってる部分は実感しているので成長してるのかなと感じます。
     仕事を行う上で、知識的な法律や取引先企業様のことなどは勿論沢山覚えましたが、人との接し方では、時には介護や病気の事などタブーに踏み込まないといけない瞬間があるので、その時の言葉の選び方も成長の一つかなと思います。
     今、会社の規模がどんどん大きくなっています。事業も今後どんどん細分化されていくと予想していますので、自分が籍を置いている福岡営業所をもっと大きくしていけるように頑張りたいです。

    “とにかくやってみること!”

     営業に必要なスキルはまずやってみることだと思います。 自分は初めてのところに突っ込んでいく場合、後先を考えて一歩目を踏み込むのに躊躇うタイプなのですが、今はとりあえず一歩踏み込むように心がけています。
     弊社に向いている人は前向きでガツガツしている人がいいと感じています。しかし必ずしもそういうタイプじゃなければいけない訳ではありません。弊社のよさは「人のよさ」なので、入社したらちゃんと育つ職場になっていると思います。