テクノクリエイティブ社員

  • “昔に比べて会社の成長を実感しています”

     2011年にテクノクリエイティブに入社しましたが、当時はまだ小さい会社で自社開発も行っていませんでしたし、拠点も熊本本社と福岡営業所と東京支社だけでした。
     しかし、面接の際にソリューション事業部の責任者から、現状のアウトソース中心の業務形態を脱却し、名古屋・大阪に拠点を出して、自社開発を必ず実現すると話を伺ったのを覚えています。色んな会社の面接を受けましたが、現状や目標について、教えてくれる企業が少なかったので新鮮な気持ちと自分が力を発揮できると考え入社を決意しました。
     自分がこれまでやってきたことを活かそうと思える場所だと感じていた印象に間違いはなかったかなと今でも思います。

    “イメージ通りの結果が出る仕事が楽しい”

     以前まで物流関係の仕事を行っていましたが、今は自動車関係の部品といいますか、コンピューターで制御している部分の制御・設計を行っています。作っているモノ自体は所謂組込制御の分野に入りますね。
     意外に思われる方もいるかもしれませんが、車自体の設計の中にオブジェクト指向と呼ばれる考え方が入ってきていて、以前の組込制御というものと比べると最近のシステム開発に近づいてきてるなと思います。 これからちょっと盛上がる業界になって欲しいなと感じています。
     また、お客さんのために作ったものがいざ成果として形になるのが、販売・物流の分野であれば画面だったりしますが、自動車関係の分野ではデータ信号だったりします。これらは自分の思い描いたイメージがそっくりそのまま結果として出るようなものなので、飾る事が出来ないんですが、実直に自分が頑張ったことが値として綺麗に出てくるという反面もあり、そういう部分にやりがいも感じています。
     自分の意見を出せば意見が通ったりする部分もすごく楽しいし、良かったかなと。

    “会社の課題クリアと発展のために”

     テクノクリエイティブの特徴自体が「お客様先の形態に合わせて開発をします」というようなスタイルなので、その職場に合った動きをすれば良いというのがこの会社の良い所ですね。
     自分も自社製品を作れたらいいんですけど、自社内のスペースにも限りがあるので、効率的にやるためにも、より多く請負が出来るようにするためにも、作業スペースの拡大やそれに合わせての設備の整備が会社が直面している課題なのかなと感じています。
     会社が課題をクリア出来るよう、自分自身が会社が求めるような人材としてやれるよう努力しないといけないなと思います。前職での自分をふと思い返してみると、一つの分野に関してやると決めた事には力を入れてやれてこれていましたし、努力する事にはそれなりに自信はあったりしますので、今後も実直に取り組んでいこうと思っています。

    “大変だけど充実しています”

     直近は設計の作業をしているのですが、普通とは違う毛色の作業で『時間が短い設計』をやっていました。 設計というとシステム業界の中ではどうしても長い時間をかける事が多いんですよね。 それなのに限られた時間の中でやらなきゃいけないので、短時間で物凄く考えます。そればっかりを考えすぎて時間が足りなくなる事がざらにありますね。
     大きさや物で変わってくるんですが、大体設計の作業に1本あたり2、3時間。長くても6時間程度で設計しないといけないし、その設計したものをテストしたり仕様書作ったりといった風なので毎日詰まって大変です。
     遅れ始めると、負のスパイラルになるので疲れるんですが、早く終わったら時間が貯金できるので、それが出来たらいいスパイラルになっていきますね。
     今の職場はコミュニケーションが控えめな所なので静かな時間が結構あります。でもお互いに業務を行う上でのやりとりや質問はありますよ。私は相手に声をかける事が出来るタイプなので、明らかに時間がない状況でない限りは、仕事の邪魔にならない程度に質問をします。雰囲気を見ながら雑談なども挟んでコミュニケーションを図っていますよ。

    “個人的には仕事が最優先なタイプです”

     今の職場では残業を極力減らそうという働きがあり土日は確実に休みです。祝日は特定の休日(夏休み・お盆・年末年始等)と合わせて固めて取るという工場カレンダーになっているので、祝日は普通に働いて、特定の休日に長く休むのでメリハリがあって良いですね。
     ただ、私は全てにおいて仕事を一番に考えているので、それが悪いことだとは一切思わないんですが、その日どうしても出勤しなければならない時に自分の予定の方を優先して休む、といった事を自分はやりたくないなと思っています。仕事をやってる以上はきちんと仕事をこなしていきたいんですね。あくまで私個人の話ですが、極端な話、休みを返上しなきゃいけない場合もそうしたいと思っています。働き方改革との兼ね合いもあるので少し難しい部分はありますけれど。